目元が暗い理由はくすみとクマにある!対策方法は意外と簡単!?そしてケアが面倒と思っている方にオススメのアイテムまとめ

目元が暗いとメイクの仕上がりが悪くなったり疲れている印象を相手に与えてしまい、目の印象と言うのはすごく重要だったりしますよね。

目元が暗く見えてしまう原因は様々あるようで、どんなケアをしていけばいいか悩んでいる女性も多いようです。

そもそも目元が暗く見えてしまう原因は何なのか?

目元の印象を変えるためのメイク方法やアイテムは?

目元が暗くならないようにするために日々行うべきことは?

目元が暗いと悩んでいる方に向けて対策をまとめてみました

目元が暗い原因の多くはくすみやクマ!その原因となるのは?

日々の生活での疲れなどからクマが出来たりすると目元がどんよりして暗い印象を与えてしまいます。

それ以外にも目元のくすみなども目元が暗くなり肌全体の血色が悪く見えたりして顔全体の印象が悪くなってしまう事で多くの女性が悩みを抱えている事でもあります。

ネット上を見てみると

目元が暗いのが悩みです。よく写真を撮ると目元に影が出来て、ただでさえ小さい目が余計に小さく見えます。他の人にも奥目だねと言われ凄いコンプレックスです。

引用元(YAHOO!知恵袋

目の印象と言うのは顔全体に影響を及ぼす重要なパーツだというのが分かりますが、目元が暗くなってしまう原因の多くは『くすみ』と『クマ』のようです。

このくすみなどはどんな原因でなってしまうのでしょう?

目元が暗くなるくすみやクマの原因①【血行不良】

目元のクマやくすみの原因の1つは血行不良。

目元には多くの血管が密着している事と皮膚が薄い事からその血管がうっすら透けてしまいます。

このことから血の巡りが悪いと青くくすんだ色になってしまうんです。

この血行不良というのは疲労が深く関わっているのは理解されている方も多いのではないでしょうか?

この極度の疲労がクマやくすみの原因になっているようです。

目元が暗くなるくすみやクマの原因②【乾燥】

目元の皮膚は薄いので乾燥しやすい部分。

乾燥してしまうとどこのパーツもそうですがハリやツヤが失われてくすんでしまいます。

こういった理由もあるので目元は特に乾燥に気を付けなければいけません。

他の部分よりも乾燥を警戒して保湿を入念にしないとハリやツヤが無くなってしまい目元が暗くなる原因になるので気を付けましょう。

目元が暗くなるくすみやクマの原因③【メラニン色素の沈着】

紫外線などの刺激によって肌はメラニン色素を生成して肌を守ろうとする機能が働くのですが、このメラニン色素の生成によってターンオーバーサイクルが乱れメラニン色素がそのまま真皮に残ってしまいます。

これにより目元が黒ずみ、暗い印象を与えてしまう原因ともなります。

本来であればメイクはクレンジングで落とすことが出来るのですが、しっかり洗ってもメイクが落ちないとなった場合はメラニン色素が沈着している可能性があるので要注意です。

人の印象は6割目で決まる!暗くならないための対処法

人の印象をどこで判断するかというアンケート調査の結果60%以上の方が『目』と回答しています。

人の第一印象は、「会って15秒」で決まると言われています。「若々しい」「目がキレイで爽やか」と第一印象を良くすることで、スムーズな人間関係を築くことができ、自分に自信を持つことができるでしょう。

引用元(PR TIMES

このアンケート結果からしても目の印象と言うのはかなり重要であって目元が暗いという事で悩みを抱えている方が多いのも納得がいきます。

目元が暗いと感じている方は目が相手にかなりの印象を与えていることを分かっているのではないかと思います。

という事からも目元のケアというのは重要であることが分かりますが、実際にどんなことをすればいいのか?

日々の生活の中で行うべきことをまとめましたのでご覧ください

目元が暗くならないための対策①【目元のマッサージ】

目元が暗くなる原因のくすみやクマを作らないため、軽減するためには目の疲れを取る事が重要です。

そのためにもオイルやクリームを使ってマッサージをしましょう。

疲れの残しておくと血行不良などによりくすみやクマの原因を作ってしまうので日々目元のマッサージは欠かさないほうがいいでしょう。

目元が暗くならないための対策②【仕事の合間で必ず休憩時間を作る】

デスクワークなどの仕事で1日中PCに向かって作業をしている方はどうしても目に疲れが溜まりますよね。

ぶっ通しで仕事をしていると目の疲れが溜まりやすくなるので1時間に5分の休憩を挟んだりしてなるべく目の負担を軽減するようにしたほうがいいでしょう。

目元が暗くならないための対策③【睡眠時間を確保する】

目に疲れを残さないためにも睡眠時間と言うのは重要ですよね。

これは言わなくても分かっている方も多いのではないかと思いますが、睡眠時間が少ないと目元が暗くなるだけではなくて肌全体がくすんでしまったり体調にも影響が出るので最適な睡眠時間を確保することを心がけましょう。

1日7~8時間の睡眠がいいと言われますので、あまり夜更かしをせずに疲れている時はすぐに寝た方がいいですよ

目元が暗くならないための対策④【紫外線対策】

目元の黒ずみの原因となるメラニン色素の沈着を防ぐために紫外線対策は重要です。

日焼け止めや日傘、帽子などを常備して紫外線予防を心がけて目元へのダメージを少なくするようにした方がいいでしょう。

目元が暗くなる原因のくすみやクマ対策に最適なアイテム

目元のケアに関して日々行う事が分かっていても『めんどくさい』という理由でやっていない方が42.7%もいらっしゃることがアンケート調査によって判明しています。

そして効果的なケアを知らないというのが59.8%ということで具体策を知らない方も多いのが分かります。

目元が暗くてコンプレックスとなっている方の大半がこのどちらかの理由に当てはまるのではないでしょうか?

『効果的なケアを知らない』『めんどくさい』と思っている方に向けて目元ケアのアイテムをご紹介します。

やりたいけど効果的な目元ケアを知らないという方にオススメのアイテム

目元ケアをしたいけどどうしたらいいかが分からないという方にお勧めなのが目元専用アイクリーム『アイキララ』

これは目元が暗いと思われる原因となるクマなどにアプローチするクリームで累計280万個を突破している人気のクリームです。

知っている人もいるかもしれませんが、目元が明るい印象になるために様々な成分が配合されているんです。

アイキララの主要成分と効果
①レチノール誘導体⇒ハリとツヤを与える
②MGAブースター⇒皮膚の保護力アップ
③ビタミンC誘導体⇒ハリを失った目元にアプローチ
④ハロキシル⇒目元の皮膚を保護
⑤Kコンプレックス⇒目元のめぐりを良くする

このアイキララを使用して目元の印象が変わった方も多くいるようでロングヒット中の商品です。

このアイクリームを使用して目元を日々マッサージすることで目元の印象が今よりは改善されることは間違いないでしょう。

毎日目元をケアするのが面倒という方にオススメのアイテム

毎日ケアをするのがめんどくさくて続かないという方もアンケート調査を見ている限りかなり多い事が分かります。

クリームを使ってマッサージをするというのが面倒であれば『寝る前に貼るだけでケア』が出来ればかなり簡単で楽ではないでしょうか?

そんな方にオススメのアイテムがヒアルロン酸マイクロニードルで様々なランキングで1位を獲得している『ヒアロディープパッチ』が人気です。

これは目元だけじゃなくてほうれい線など他のパーツにも使用することが可能で様々な雑誌に掲載された商品

SNSなどを見ても様々な年代の方々が使用されていて効果を実感されている方も多くいるようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

sachi♡(@nail_salon_felice04)がシェアした投稿

寝る前に貼るだけで目元やほうれい線のケアが出来るというのはありがたいですし、『ケアがめんどくさい』と思っている方にはかなりオススメ出来る商品です。

暗い目元を明るい印象に変えるためのメイク術

目元が暗くなる原因となるくすみやクマの対策などをまとめましたが、最後に目元が明るい印象に変えるためのメイク術はないかと思い色々と調べたところYoutubeでも目元のくすみやクマをカバーするメイク術の動画がアップされています。

これを見ていただければ年齢を感じさせない目元メイクが分かりますが、他にもネット上で暗い目元をカバーするメイク術があったので簡潔にまとめると

暗い目元を明るくするメイク術
①コントロールカラーでくすみを相殺
②アイシャドウにも下地
③アイシャドウは単色もしくは2色にする
④まつ毛はしっかり上げる
⑤チークやリップで顔全体を明るくする

簡潔にまとめるとこんな感じですがコントロールカラーはピンクやパープルを使用した方が程よい血色感と透明感が出るようです。

そしてアイシャドウを塗る前に下地を使う事で発色が全然違うようで目元が明るくなります。

そしてアイシャドウは単色もしくは2色程度にした方が立体感を出すことが出来るとのことです。

目元のケアとメイクで目元の印象がかなり変わり暗いというのを払しょくできることは間違いないですよ!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.