中学生から実践可能な低コストでまつ毛を伸ばす方法とオススメのアイテムを徹底調査

濃くて長いまつ毛に憧れる方はかなり多くいらっしゃいます。

まつ毛が長いと目の印象ががらりと変わりますし、メイクの幅も広がりますよね。

最近では中学生でも『まつ毛を伸ばす方法を知りたい』と思っている方がいるようです。

まつ毛を伸ばすための方法は?

まつ毛が伸びるメカニズムは?

まつ毛を伸ばすためのオススメの美容液は?

まつ毛を伸ばすための方法をまとめてみました

まつ毛が伸びるメカニズム

まつ毛は他の部位の体毛と同じく『毛』であることは変わりないので他の部位と同じくヘアサイクルと呼ばれるサイクルが存在します。

まつ毛は、生えはじめ(成長初期)・伸びる時期(成長期)・成長が止まる時期(退行期)・抜け落ちてから発毛までの準備段階に入る時期(休止期)を1サイクルとする毛周期を繰り返しています。

引用元(matshukaze

この3つのサイクルの期間を簡潔にまとめると

まつ毛のヘアサイクル
①成長期:毛が生えて成長する期間(3~4か月)
②退行期:毛の成長が止まって抜けるまでの期間
③休止期:毛が抜けてから次の新たな毛が生え始めるまでの準備期間(5~6か月)

この3つのサイクルが存在しています。

頭髪の場合、毛周期は3~6年のサイクルですが、まつ毛の毛周期は3週間~4ヶ月のサイクルと短いのでまつ毛は頭髪のように伸び続けずに、一定の長さが保たれています。

まつ毛を伸ばすためにはこのヘアサイクルが正しく行われる環境を維持することが重要となりまつ毛に栄養を与えたり保湿をしたりと正しいケアが必要になります。

中学生から出来るまつ毛を伸ばす方法まとめ

最近では中学生の方でも『まつ毛を伸ばしたい』と思っている方が増えているようです。

思春期の真っ只中なので好きな男の子が出来ると『可愛くなりたい!』なんて思う年頃ですからね。

中学生でもめちゃくちゃ可愛いモデルや芸能人も多くいますし、憧れている女の子は多いでしょう。

しかも中学生の頃というとまだ顔が幼いのでまつ毛が少し伸びるだけでも印象がガラリと変わり顔が変わったように見えますもんね。

頭髪もそうですが1日そこらで生えてくることはありませんよね。

しかし日々の生活の中でまつ毛を伸ばすための土台作りは出来ます。

中学生はもちろん高校生、20歳以上の女性共通でまつ毛を伸ばすため出来ることをまとめてみました

サロンに通うとかそういった事はかなりの金額がかかるのでここでは省いています。

中学生も実行可能!まつ毛を伸ばすための方法①【食生活】

まつ毛を伸ばすためにはまつ毛に必要な栄養を届けなければいけません。

そのためには日々の食事と言うのはかなり重要なんです。

まつ毛を伸ばすために必要な栄養素と主に含まれる食材をまとめると

まつ毛を伸ばすために必要な栄養素
①L-システイン
皮膚や体毛の主成分であるタンパク質を作り出す重要な成分
【牛肉、羊肉、大豆、オートミール、鮭、牛乳、小麦粉など】

②メチオニン
体毛を構成するタンパク質の大部分ケラチンの材料となる成分
【鶏肉、牛肉、マグロ、かつお、チーズ、ナッツ類】

③ビオチン
アミノ酸や脂質の分解と代謝を助ける成分
【魚介類、牛レバー、ヨーグルト、ほうれん草】

④亜鉛
亜鉛は体毛の生え変わりを促進してまつ毛を濃くする・抜け毛を防ぐ
【生牡蠣、豚レバー、カニ、納豆】

これらの食材を摂取することを意識しましょう。

中学生からでもこの栄養素を含んだ食材を食べることは出来ると思います。

中学生も実行可能!まつ毛を伸ばすための方法②【睡眠】

まつ毛を伸ばすために特に意識すべきは質の高い睡眠です。

質の高い睡眠というのはどういうことかというと

『就寝が何時になろうと、眠り始めた90分間にぐっすり眠れるかどうか』

これが睡眠の質を左右する重要なことだそうです。

この90分間にぐっすり眠る事で脳と体の疲れがとれストレスが減りまつ毛を伸ばすための土台を整えることが出来ます。

質の高い睡眠という事に関してはストレスが溜まりがちな成人女性の方が意識しなければいけないことかもしれませんが、これを中学生から意識する事でまつ毛を伸ばすための土台作りが出来ます。

中学生も実行可能!まつ毛を伸ばすための方法③【マッサージ】

中学生の方でも今ではスマホに接する時間が長く毎日目を酷使しているでしょう。

これは高校生、成人女性も同じです。

目が疲れると目の周辺の筋肉が固まって血行が悪くなり栄養がまつ毛に届かなくなってしまいます。

この血行が悪くなるのを防ぐために日々目の周りをマッサージすることが重要です。

そのマッサージ方法は

目のマッサージ方法
①人差し指・中指・薬指の三本を眉毛の真下に置き、眉頭から眉尻に向かって押しながらマッサージ
②こめかみのあたりを、指でくるくるマッサージしてほぐす
③まつ毛の下を、目頭から目尻へと押すようにしてマッサージする

この手順で行うと目の疲れを軽減することが出来ます。

ただ力を入れすぎるとまつ毛を痛める原因ともなるので気を付けましょう。

早くまつ毛を伸ばすためには美容液は欠かせない

まつ毛を伸ばす方法として日々行うべきことを上記で説明しましたが、『出来るだけ早くまつ毛を伸ばしたい!』と思っている方が大半ではないでしょうか?

それは中学生の方も同じだと思います。

とはいってもサロンに通ったりするとかなりお金がかかります。

なるべく低コストで済ませたいと思っている方にはまつ毛美容液を使用することをオススメします。

中学生や高校生の方でも購入しやすい価格で売られていますし、まつ毛に使う美容液なのでそれほど強い成分が入っていないので安心して使用することが出来ます。

そしてまつ毛美容液を何故オススメするのかということを簡潔にまとめると

まつげ美容液をオススメする理由
①まつ毛のヘアサイクルを整えてくれる
②まつ毛を伸ばす手助けをする成分が含まれている
③目に安心
④傷んだまつ毛を元の状態に戻す助けをしてくれる

このような理由があります。

日々の生活の改善プラスまつ毛美容液を使用することでまつ毛が伸びるスピードがアップすることは間違いありません。

オススメのまつ毛美容液

まつ毛美容液の中でトップクラスの人気を誇っているのが『モンローウィンク』

これは相当有名なので聞いたことがある方もたくさんいらっしゃるでしょう。

モンローウィンクは上記で説明したまつ毛のサイクルを整えてくれるだけじゃなくてまつ毛に必要な成分も多数配合されています。

そしてこのモンローウィンクが人気がある理由をまとめると

モンローウィンクのオススメポイント
①化粧品原料展示会で銀賞を受賞した成分を推奨量以上配合
②無添加、防腐剤フリーだからしみない
③1日1回寝る前に塗るだけだから簡単
④マイナビウーマン3部門でNo.1

実際に使用した方の満足度も高くSNSでも高評価の口コミを多数見かけます。

SNSでも人気が伺えるモンローウィンクは効果を実感している方もたすういらっしゃいますので気になる方は公式サイトをチェックしてみてください

中学生も心がけよう!まつ毛を伸ばすために控えた方がいい行動

最後にまつ毛を伸ばすため濃くするためにやってはいけないことを説明します。

まつ毛を伸ばすために皮膚に負担となるようなことは絶対に避けるべきなのですが簡潔にまとめると

まつ毛を伸ばすために避けるべき行動
①まつ毛、目元をこする
②目元のメイクをちゃんと落とさない
③アイラッシュカーラーのゴムを変えない
④睡眠不足

これらの行為はまつ毛を伸ばすための土台作りの負荷になってしまい、ヘアサイクルが乱れてしまいます。

成人女性はもちろんですが中学生、高校生の方もこういった事を日々していないかどうか意識した方がいいでしょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.