ベイビーサポートの成功率は70%以上だが失敗する確率を減らすための方法がある!他の産み分け方法との比較も徹底調査

『女の子が欲しい』『男の子が欲しい』といった願望を持っている方はたくさんいらっしゃると思います。

そういった願望を持った方は『どうすれば女の子を妊娠できるか』または『どうやったら男の子を妊娠できるか』といった対策を日々探している方もいるでしょう。

そこで産み分けゼリーというものを耳にした事がある方もいらっしゃるかと思います。

そんな産み分けゼリーで有名なのがベイビーサポート。

ベイビーサポートを使用して100%女の子もしくは男の子が生まれるという訳ではありませんが、失敗する確率はどれくらいなのかを知りたい方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ベイビーサポートの成功率や確率をアップするための方法をまとめてみましたので是非ご覧ください。

ベイビーサポートの失敗率は20%と言われている

本来妊娠して男の子が生まれるか女の子が生まれるかは普通に考えれば50%ですよね。

どちらが生まれるかは神のみぞ知るといったところなのかもしれませんが『どうしても女の子が欲しい』もしくは『男の子が欲しい』と強く思っている方もいらっしゃるでしょう。

そんな方に向けて産み分けゼリーというものが販売されていますが、その産み分けゼリーの中でも人気なのが『ベイビーサポート』

産み分けゼリーの中では一番売れているようでこれまでに累計50万本の実績を誇っています。

ご存じの方も多いようですが、実際に使用したら成功率はどれくらいなのか?失敗する確率はと気になる方も多い事でしょう。

調べたところベイビーサポートに限らず産み分けゼリーを使用すれば何もしないよりも希望の性別の子供を妊娠できる確率が上がるようです。

産み分けゼリーを使用して産み分けに成功する確率として、男の子が80~90%、女の子が75~80%だとされています。

引用元(YAHOO!知恵袋

このことから産み分けゼリーを使用すれば成功率がこれくらいなので失敗率は男の子の場合10~20%、女の子の場合は20~25%という事です。

という事から考えても失敗率が下がる事が分かります。

ベイビーサポートの成功件数は2019年時点で1,216件

ベイビーサポートに限らず産み分けゼリーを使用すれば希望の性別の子供を妊娠できる可能性がアップすることが調べた結果分かりましたが、ベイビーサポートを使用したところ成功率はどれくらいなのか?

調べたところベイビーサポートの成功率や失敗率は公表されていないので詳細は分かりません。

しかしネット上を見たところ、ベイビーサポートを使用して成功したという声を多く見かけます。

このように成功事例もあるようで、『何としても女の子が欲しい』もしくは『男の子が欲しい』という方は産み分けゼリーを使用すると成功率はアップするようですし、検討してみるのもいいでしょう。

その中でもベイビーサポートは様々な分野でも1位を獲得している産み分けゼリーです。

品質においてはNo.1であって安心して使用することが出来るというのが分かります。

失敗したくない!ベイビーサポートと他の方法を併用して成功率アップ

ベイビーサポートなどの産み分けゼリーを使用することで希望の性別の子供を妊娠できる確率が上がる事が分かりました。

とは言っても極力失敗する確率を減らしたいと思う方は多いのではないでしょうか?

産み分けゼリーを使用する以外にも女の子を妊娠する確率を上げる方法、男の子を妊娠する確率を上げる方法があります。

これらの方法とベイビーサポートを併用することで失敗する確率を減らすことが出来ます。

失敗する確率を減らす方法①【女の子編】

まずは女の子を生みたいと思っている方はどんな方法で失敗する確率を減らすことが出来るのか?

女の子を生みたいと思っている方はX染色体をもつ精子を卵子に届ける必要があります。

このX染色体をもつ精子の特徴が以下になります。

・酸性に強くアルカリ性に弱い
・寿命が2~3日と長い
・動きが遅い

という特徴があり、これらの特徴からどんな方法を取ればいいかが分かる訳です。

簡潔にまとめると

女の子を生むために行うべきこと
①排卵日の2日前が性交のタイミング
②性行為は穏やかに
③クランベリーサプリを飲む

これらの理由を説明すると排卵日になると膣内がアルカリ性になる特徴があるのでX染色体の精子を多く残すためには2日ほど前に性交を行いと良いようです。

そして女性がオーガズムを感じると膣内がアルカリ性に傾くために穏やかな性行為がいいようです

またクランベリーにはpH値に良い働きをすると言われているようでアメリカを中心にこの方法が行われているようです。

失敗する確率を減らす方法②【男の子編】

逆に男の子を生みたいと思っている方は卵子にY染色体を持つ精子を届ける必要があります。

Y染色体を持つ精子の特徴が以下になります。

・アルカリ性に強く酸性に弱い
・寿命が1日だけ
・X染色体より数が多い
・動きが早い

これらの特徴があり、そこから男の子を妊娠するために行うべき方法は

男の子を生むために行うべきこと
①排卵日の直前に性交
②女性が気持ちいい性交をする
③出来るだけ深くに男性器を挿入
④性交3~5日前は禁酒して精子の量を増やす

Y染色体を持つ精子は酸性に弱いため排卵日の直前などに性交を行うといいそうです。

そして女の子の産み分け方法でも記載した通り、実は女性が性的刺激を受けてオーガズムを感じると膣内がアルカリ性になるため男の子が生まれる確率がアップします。

そして精子の量を増やすために性交3~5日前には禁酒しておくと精子が増えるので禁酒すると男の子が生まれる確率が上がると言われています。

これらの方法とベイビーサポートを併用することで失敗する確率を減らすことが出来ますので、一生関わっていくお子様の事なので試す価値は十分にありますよね。

ベイビーサポートの危険性や副作用は?

ベイビーサポートの危険性や副作用についてですが、ベイビーサポートは天然成分で出来ているので副作用の心配はありません。

使用された方の口コミを見たところ体に異変を感じた方はいません。

ベイビーサポートの成分は全て公式サイトで公開されているので極端に言えば目に入っても大丈夫な成分しか使われていません。

なので安心して使用することができますよ。

ベイビーサポートは産み分け方法の中では低コスト

ベイビーサポートの値段は単体(7本入り)で購入すれば15,180円(税込み価格)。

2つ購入で20%OFF、3つ購入で30%OFFとなっていますが、この単体での値段を見れば結構高く感じる方もいるのではないでしょうか?

他の産み分け方法を調べたのですが、他の方法に比べればベイビーサポートは安い事が分かります。

メジャーな方法をまとめてみると

ベイビーサポートと他の産み分け方法の比較
■ベイビーサポート
→1回2000円程度で手軽に挑戦できる
→自宅で出来る

■パーコール法
→1回5万円程度必要
→病院での受診が必要

■マイクロソート
→1回分キット:545,000円/3回分キット:745,000円
→自宅で出来る

■着床前診断
→300万円程度必要
→病院での受診が必要・体外受精が必要

このようになり、値段を見てみれば他の方法に比べて格段に安いですよね。

『どうしても女の子が欲しい』『どうしても男の子が欲しい』と思っている方で値段を極力安くしたいという方はベイビーサポートと上記で説明した方法を併用すれば失敗率が低くなり低コストで済むというのが分かります。

ベイビーサポートにはおめでた返金という制度がある

ベイビーサポートは1つ7本入り。

これらを使用していて余る方が大半でしょう。

その余ったベイビーサポートは1本1,000円で買い取ってくれるようです。

ということで10本余れば10,000円で買い取ってくれるという事ですよね。

これを活用することで値段をさらに下げることも出来ますので使わない手はないでしょう。

産み分けに失敗したくない方はベイビーサポートを使用することが低コストであることも分かっていただけたと思いますので是非チェックしてみてください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.