• ホーム
  • 扁桃腺炎でも処方が多いジスロマック

扁桃腺炎でも処方が多いジスロマック

ウィルス

口を大きく開けたときに、のどの奥のほうにあるのが扁桃腺とよばれる組織ですが、ここが細菌などの感染によって炎症を起こす病気が、扁桃腺炎とよばれるものです。
この場合の細菌には、インフルエンザ菌、連鎖球菌、肺炎球菌、ブドウ球菌などといったものが考えられますが、いずれもそれほど特殊なものではなく、身の回りにいるありふれた細菌の一種です。
しかし、ストレスや過労、あるいはかぜなどの他の病気による体力の低下がひきがねとなって、こうした細菌が扁桃腺に感染して、増殖をはじめることによって、たちまち病気となってしまうのです。
扁桃腺炎にかかった場合には、扁桃腺が赤く腫れて痛みがあり、食べ物がのどを通らなかったりします。
急性で重いものになると、高い熱が出たり、頭痛やけん怠感、寒気などがあったりといった、さらに全身的な症状があらわれるものです。

こうした場合には、すぐに病院を受診して検査をしてもらった上で、抗生物質などの、細菌を殺菌したり、増殖を防ぐはたらきがある医薬品を処方してもらうことになります。
抗生物質のなかでも、ジスロマックなどは比較的処方される機会が多いものであり、扁桃腺炎に対しても効果が期待されるものです。
ジスロマックはマクロライド系という、ペニシリン系などと比較すると副作用もいくぶん少ないものとなっています。
ただし、ジスロマックのような抗生物質というのは、一定の期間にわたって継続して飲まないと効果が薄くなってしまいますので、飲み忘れなどがくれぐれねないように注意をしなければなりません。
また、人によっては下痢や腹痛などの胃腸の副作用が出る場合がありますので、ひどいときには医師に相談したほうがよいでしょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧