• ホーム
  • ジスロマック治療と性感染症のとき女性は何科を受診?

ジスロマック治療と性感染症のとき女性は何科を受診?

性行為により感染する病気が性感染症ですが、そのなかでも若い女性に多いとされているのが、性器クラミジア感染症とよばれる病気です。
この性器クラミジア感染症というのは、クラミジアが体内に性行為のときに入り込んでしまって、そこから増殖をすることによって発症してしまうものです。
ただし、実は女性の場合には症状があまり明確に出ないケースもあるため、自覚がないまま性行為の相手である男性にうつしてしまうようなこともあるのです。
性器クラミジア感染症にかかって、もしも症状があらわれる場合ですが、女性はおりものが増えたり、不正出血や性交痛があったりするというのがふつうです。
こうした場合には、病院で検査を受けて、本当にクラミジアであるのかどうかを確認してから、しかるべき治療を行うことになります。

その際、病院の何科を受診すべきかですが、総合病院であれば外来窓口が一本化されていて、看護師が案内をして適切な診療科に割り振ることになりますので心配はいりません。
その他の病院で何科であるかわからない場合には、とりあえず婦人科あたりを受診するのがよいといえます。
ほかにも性病科や泌尿器科のようなものがあれば、そこを受診してもよいはずです。
検査の結果が陽性であって、クラミジアへの感染がはっきりとした場合ですが、ジスロマックのような抗生物質を投与されることが多いとみられます。
ジスロマックは、抗生物質のなかでもマクロライド系とよばれる種類の、副作用の少ない医薬品であり、効果が持続する時間もそれなりに長いというのが特徴となっています。
そのため、ジスロマックを既定の数量だけ一度服用できれば、クラミジアによる症状は改善されるはずです。

関連記事