• ホーム
  • ジスロマックに抵抗を感じる場合は

ジスロマックに抵抗を感じる場合は

心配する女性

性行為によって感染する可能性のある病気として、性感染症とよばれるものがあります。
性行為というのは、粘膜の接触をともなう行為であるため、病原性の細菌などが相手から感染するリスクがきわめて高い行為であるといいかえることができます。
特に、最近では女性でも感染事例が多くなってきているクラミジアですと、はじめは症状がほとんどないために感染に気づかなかったりおりものの量が増えたり、性行為のときにちょっとした痛みがある程度ですむことが多いものです。
しかし、放置していても細菌そのものは増殖していくものであって、しだいにからだの深部にまで達してしまいます。
卵管炎や骨盤腹膜炎などといった、重い症状の病気に移行してしまうことがあり、これがさらに不妊の原因になってしまうことさえあります。

こうしたクラミジア感染症を婦人科などで診察してもらった際に、ジスロマックのような抗生物質を処方されるケースは多いものです。

ジスロマックは、アジスロマイシンを有効成分としたマクロライド系抗生物質の先発品です。1回の服用で10日間も効果が持続する特性を活かした効果的な治療が可能で、クラミジア改善率90.7%とされています。クラミジア治療の第一選択薬として知られています。Pfizer(ファイザー)社より製造販売されています。

引用元:ジスロマック - 通販価格:4,580円【正規品20%OFF】|薬の通販オンライン

ジスロマックには細菌のたんぱく質合成を阻害する作用があるため、クラミジア感染症に対しても効果が高いとされているのです。
そのため、ジスロマックと聞くと、性感染症の治療に用いる医薬品だと連想して、いささか抵抗を覚える女性もあるかもしれません。
しかし、ジスロマックというのは、実は性感染症だけではなく、さまざまな細菌がかかわる感染症に対して効果を発揮するものです。
たとえば、肺炎や急性気管支炎、扁桃炎などの病気の場合についても、ジスロマックが処方されることが多く、子供に対して処方されることもそれほどまれなケースではありません。
こうしたことから、もしもジスロマックに抵抗があるようであれば、他の病気にもいくらでも処方されるということを、ネットなどで確かめてみるのもよいでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧
  • 心配する女性
    ジスロマックに抵抗を感じる場合は 2019年03月26日 閲覧数:1
最近の投稿
    アーカイブ